高速道路で便利な機能

私の車には、クルーズコントロール機能がついています。そのクルーズコントロール機能についてお話ししたいと思います。

クルーズコントロール機能というのは、高速道路など、比較的早い速度で走っていたときに、ボタンを押すことによって、アクセルもブレーキも踏まなくても、同じ速度をキープし続けるという機能です。

これが非常に便利な機能なんです。高速道路で時速100キロになった時に、このクルーズコントロール機能のボタンをします。すると何もしなくてもずっと時速100キロ保つことができるんです。ハンドル操作はもちろんしなくてはなりませんが、ブレーキとアクセルの操作をしなくてもいいというだけでかなり便利です。

さらに速度変更することも簡単です。クルーズコントロール機能で走っているときに、速度アップ、速度ダウンのボタンを押すことにより、自由に速度あげたりされたりすることができます。そしてそのボタンをはなせばその時の速度で、また同じ速度をキープし続けます。

私は、高速道路走るときは必ずこの機能使っています。しかし渋滞になってしまって、速度が落ちたときには使えないというのは難点ですね。時速40キロ下回ってしまうと、自動的にこのクルーズコントロール機能が効かなくなってしまうんです。

でも、とてもいい機能だと思うので、これからの車にも積極的につけたらいいんじゃないかなと思います。
不動車 買取

コメントは受け付けていません。