SX4が欧州でモデルチェンジ

スズキSX4はフィアットと共同で開発した欧州戦略車です。
デザインはジウジアーロのチームがデザインしました。

日本ではあまり人気がりませんでした。
あまり知られていませんがスズキはSX4でWRCに参戦していました。
2008年の1年間だけだったので知る人ぞ知る事実です。
もし今での参戦していれば、販売台数にも影響していたかもしれません。
乗ってみると日本車にはない乗り味でどちらかというと欧州車の雰囲気です。
特にハンドルを握った感覚は剛性感たっぷりです。
SX4は海外で2代目にフルモデルチェンジします。
欧州版のスペックはエンジンが1.6Lの1種類だけ。サイズは4300×1765×1575。JC08モード燃費は18.0km/L。
以前のSX4はエンジンが1.5と2.0の2種類だったので、新型の1.6Lエンジン1種類だけです。
2代目SX4は欧州では評判がよく、人気です。
気になる日本での販売ですが、公式サイトには今のところカタログ落ちしています。
発表が楽しみです。車の乗り換えなら中古車買取がおすすめ。

 

カービュー 一括査定 評判 carview 中古車

コメントは受け付けていません。