売り上げ

現状の販売台数を見る限り世界的に堅調だが今の日本車の
品揃えを見ると、2ドア、3ドアのクーペが大幅に減った。
濃い自動車のコペン、ハイブリッドのCR-Zを含めても
10社にに満たない。90年代の中盤

から売れ行きが下がり
車種数も目って、2ドア、3ドアクーペの販売台数は10年間で
最盛期の10パーセント間dえ落ち込んだ。
今の日本車は、軽自動車、コンパクトカー、ミニバンを除くと
大幅の車種が海外向け。国内需要が下がっても、海外が好調なら
車種の数は保たれる。それでも車種数が減ったのだから海外の落ち込みも大きい。
例えばマツダの初代ロードスターは、1990年の生産台数が9.6万台に達した。
北米で焼く4万台、日本でも2.5万台を売った。しかしそのあとは減少が続き
04年には2.4万台まで下がっている。
14年の売り上げを見ると、北米は1ヶ月に400~500台
日本は50-60台だ。北米の販売台数は90年の10パーセント少々
日本では10パーセント以下になる。

車 買い替え 時期

コメントは受け付けていません。