資本提携

1963年にアメリカスズキ社を設立すると、タイ、インドネシア、パキスタンに
次々と海外進出を果たす。1981年にはGM,いすず、との業務提携にs調印して
GM資本が5.3パーセント入ることに。以降、

GMとの関係を強化して
GMの出資比率は20パーセントに昇った。2006年には17パーセント。
2008年には残りの3パーセントの株式のは手放し、28年間続いていた資本関係は
解消されることになった。代わって2009年にフォルクスワーゲンがスズキカブを
19.9パーセント取得し、包括的提携を結んだが折り合いが付かず
スズキは提携の解消を訴える。しかし、フォルクスワーゲンはおおじず
現在は国際周回裁判所で係争中だ。スズキmpの市販車4輪第一号となった
スズライト。360CCの空冷2気筒エンジン2ストr-区エンジンを搭載手いた。
当初のていえ提携億滴は新興国に向けて低価格の小型車の開発ノウハウを得ることで
スズキ側が供給するはずだった。

車 買い替え

コメントは受け付けていません。