CR-Z

次期シビックは現行モデルの反省を生かし、パワートレーンは一新される。
量販グレードは、新世代ハイブリッドであるⅰ-DCDを組み合わせた
1.5リッターVTECたーぼになり、およそ200ps前後の

パワーになるとのこと。そして待望のハイパフォーマンスバージョンも
計画されている。タイプRと同じ2リッターVTECターボ搭載車。
300ps前後にデチューンされるかもしれないそうだ。つまり
次期CRZは北米の要望を大きく取り入れた、ハイパフォーマンス
クーペへと変貌を遂げていく。北米ではベーシックグレードが
1.5リッターVTECターボ+ハイブリッド、7速DCTを
組み合わせたいわゆるI-DCDだ。そしてホットバージョンには
新型シビックタイプRと同じ2リッターVTECターボが搭載される。
このグレードをベースにアキュラバージョンも仕立てられる。一方
国内仕様に関しては1.5リッターVTECターボ+ハイブリッドのみ
となる可能性が高い。

下取りも考慮する

コメントは受け付けていません。