ダイハツの進撃

アクティバはハスラーよりも凛々しさをアピールし、差別化を図るとともに、3年前まで販売されていた、テリオス
キッドユーザーへのアピールという意味合いもありそうだ。ハスラー対抗モデルであることは間違いないが、ハスラー

だけでなく、いうならば背の高いワゴンタイプの人気車種すべてを相手にしてやろうという意気込みなのかもしれない。
注目の燃費に関しても、ハスラーがマイルドハイブリッド、S-エネチャージをNAモデルに採用し32km・L
まで燃費を向上させたのにないし、ムーヴで採用された最新のイーステクノロジーを採用、JC08モード燃費は
ムーヴと同じ31km・Lを記録しそうだ。ダイハツは2015年4月にISGインテグレーテッドスターター
ジェネレーター、つまりモーター機能付き発電機を使ったマイルドハイブリッドの特許をとっているが、どうやら
このキャストの発売時には採用されないようだ。

ランクル200 値引き

コメントは受け付けていません。