次期GT-R

現行モデルでも長い間テストされ、市販車ベースのテスト車もずいぶんテストされていたGTRセダンに関しては
現在白紙になっているようだ。しかし、GTRの4ドアを検討しているとの情報がある。日産のモータースポーツ

の関係者は、すでに次期GTRの開発は日本での拠点を離れ、北米やヨーロッパで行うことがほぼ固まっているとのこと。
次世代GTRがなくなったということではなく、拠点を海外に移し、モータースポーツに精通するエンジニアが担当
していくことがわかっている。2012年ジュネーブショーで公開されたEVスポーツ、インフィニティエマージ
はヨーロッパで製作されたそうで、ル・マン用のGTR LM NISMOも北米だし、昨年の3輪のEVマシン、
ZEOD RCも北米で行われている。つまり、最近のモータースポーツ部門の開発は、日本のGT選手権以外は
海外が主体となっている。特にモータースポーツ技術を生かせるハイパフォーマンスカーのGTRの開発が海外に
移されても不思議はない。

ミラージュ 値引き

コメントは受け付けていません。