焼き芋

だんだん寒くなると、多くの人は焼き芋が、食べたくなってくる人たちも多いのではないでしょうか。
時々ですが、私の住んでいる地区もいしやきいもの移動販売車が回ってきます。ただ、焼き芋の移動販売車はそれほど珍しいものではなく、小さな駅近くでも度々見かけるほどポピュラーなものです。そこで売られている焼きあがったばかりの焼き芋は、大きい芋でもホクホクしていて食べ応えはあるのですが、お値段は少し高めに設定されて売られています。
焼き芋といえば、家のオーブンでも売られているような大きな焼き芋のサイズのままでも調理できるので、家で焼き芋を作ればいいのですが、寒いときはその場で暖かいものが無性に食べたいので、売られている焼き芋の誘惑には抗いがたいものがあります。
私が子供だった頃は、家にはまだオーブンがなかったので、冬に石油ストーブの上に新聞紙とアルミホイルに包んださつま芋を乗せて芋が焦げないように芋を転がして満遍なく均一に焼けるようにして焼き芋を作りました。車下取りってもったいないの?

コメントは受け付けていません。